cat.jpg

年中、毎年ダイエッター。そんな半生を送ってきました。いつからダイエットに興味を持ち始めたのか、思い起こせば中学生のころからだったと思います。ちょうど思春期も重なってたんですけどね。ぱっと見、決して太いわけではありませんでした。体重はいつも痩せ気味に近い標準。それが気に入らなかったわけではなく、太ももが太いことが問題だったわけです。

そこから、私のダイエット生活が始まります。本格的にダイエットを実行し始めたのは、高校生の頃でした。この頃の私のダイエット方法は、食事制限です。。今思えば、本当にバカだなぁ・・・と思います。お昼ご飯は、おにぎり1個だったり、フルーツがいっぱい入ったゼリー1個だったり。一応、栄養を気にしてみて、おにぎりにはひじきにのふりかけを混ぜてました。フルーツ入りのゼリーにするのは、ビタミンが摂れそうだから。気休めですよね。本当に、馬鹿でした^_^;

家から高校までの道のりは12kmあり、それを自転車通学していた私は、帰宅すればもうお腹はペコペコ。菓子パンを2、3個ペロリ、お菓子もガバガバ食べていました。それでお腹が膨れるものだから、晩ごはんはほとんど食べることができません。成長期にそんな食生活を送っていたものだから、後に骨密度の低下が発覚しました。ちなみに、高校1年生が人生でもっとも太っていた時期。何をしていたのやら・・・。

大学生のころにハマったのは、ウォーキングやジョギング、なわとび、いわゆる有酸素系の運動です。これは痩せそうですよね。痩せるって信じ込んでました。でも、結果から言うと、太ももは痩せませんでした(*_*; 毎日1時間歩いていたときもありましたよ。毎日何かしらの運動をしていました。全身の体脂肪率が18%という肉体美?は自慢できましたが、太ももは痩せない・・・常に悩まされていました。

大学を卒業し、仕事を始めてからハマったのは、DVDを見ながらおこなう、なんとかダンスとか、そういったたぐいのエクササイズもの。朝6時に起きてやってみたり、晩ごはん前に自分の部屋にこもって音量を下げ、こっそりとやってみたり、気づけばこなすこと5種類。いつも真面目にやってるんですよ!?なので嬉しいことにクビレには自信が持てましたが、結果は失敗。太ももは痩せませんでした。

そしてそして、やっと成功にたどりついたのは、リンパマッサージです。なぜリンパマッサージにたどり着いたのかというと、太もも痩せには、むくみ解消が最重要と知ったからでした。単にダイエットとひとくくりにしてしまうのではなく、どこを痩せたいのか、どんな方法が一番効果的なのかを知る必要があります。どんな場所でも、必ず痩せる方法があります。私の体験をふまえて、太もも痩せに最短の方法を選んでもらいたいです。
スポンサーサイト



 タグ
None